前原市 借金返済 弁護士 司法書士

前原市在住の人がお金・借金の相談するならココ!

借金返済の相談

借金の額が多くなりすぎて返済が厳しい…。
債務整理をして、借金の辛さから解放されたい…。
もしそう思っているなら、できるだけ早く司法書士や弁護士に相談を。
弁護士・司法書士が探してくれる解決策で、月々の返済金額が減ったり、督促がSTOPしたり、等といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談ができる法律事務所や法務事務所も複数あります。
ここではその中で、前原市に対応している、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
また、前原市の地元にある他の法務事務所・法律事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知識や知恵を借りて、最善の解決策を見つけましょう!

前原市在住の方が借金や債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

前原市の借金返済や多重債務問題の相談なら、コチラの事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
相談料はもちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能です。
個人再生、自己破産、任意整理、過払い金、など、借金・債務のことを相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付することができるので、お金に困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



ウイズユー司法書士事務所(借金の減額診断)

ウイズユー司法書士

前原市に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするなら、まず「借金減額の無料診断」もオススメです。
全国に対応している「ウイズユー司法書士事務所」が行っている無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に回答するだけの、簡単なものです。
診断はWeb上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気軽にできます。
また、診断結果の送信をすることもできますが、無料相談や送信は匿名でも可能なので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 月々の支払い額を減らせるかどうかが分かる!
  • 匿名・無料で相談OK!
  • 全国対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
無料で借金の減額診断



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので前原市の方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の前原市周辺にある司法書士や弁護士の事務所を紹介

前原市には他にも法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●吉塚司法書士事務所
福岡県糸島市前原東1丁目6-85
092-322-0252

●いとしま法律事務所
福岡県糸島市前原東1丁目5-21
092-332-9960

●司法書士伊都法務事務所
福岡県糸島市前原東1丁目6-84
092-324-2622

前原市にある地元の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済、前原市でどうしてこうなった

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払いなどは、ものすごく高額な金利がつきます。
15%〜20%もの金利を払うことになってしまうのです。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年)くらい、車のローンの場合も1.2%〜5%(年間)くらいですから、その差は火を見るより明らかです。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するような金融業者の場合、利子0.29などの高利な金利をとっていることもあります。
とても高い金利を払いながらも、借金はどんどんふくらむ。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、高利な利子で金額も大きいという状態では、返済するのは辛いものでしょう。
どのようにして返済すべきか、もはやなにも思い付かないなら、法律事務所や法務事務所に相談してみてはどうでしょう。
弁護士・司法書士なら、借金・お金問題の解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期返済の計画になるかもしれないですし、過払い金を返してもらって返す額が減るかもしれません。
まず相談する、これが解決のための始めの一歩です。

前原市/債務整理のデメリットって?|借金返済

債務整理にも色々な進め方があり、任意で金融業者と話合う任意整理と、裁判所を介す法的整理である個人再生、自己破産等々の種類があります。
じゃ、これらの手続きにつきどのような債務整理デメリットがあるでしょうか。
この3つの手段に共通している債務整理の欠点というのは、信用情報にそれら手続きを行った事実が載る点ですね。いうなればブラック・リストという情況になります。
すると、おおよそ5年から7年ぐらいの間は、クレジットカードが創れず借入が不可能になります。しかし、貴方は支払うのに日々苦しみ抜いてこれらの手続きを行う訳だから、もう少しだけは借金しないほうが良いのじゃないでしょうか。
クレジットカード依存に陥っている人は、逆に言えば借入が出来なくなることで出来なくなることで助けられるのじゃないかと思われます。
次に個人再生もしくは自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこの手続をやった旨が掲載されてしまう事が挙げられます。しかし、貴方は官報等読んだ事が有るでしょうか。逆に、「官報って何」といった方の方が多いのではないでしょうか。
実際のところ、官報は国が作るする新聞みたいな物ですけれど、貸金業者等々の特定の人しか見てないのです。ですから、「破産の実情が友達に広まった」などという心配事はまずもってないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理デメリットですが、1度自己破産すると7年という長い間、2度と自己破産はできません。そこは十分留意して、2度と破産しなくてもいい様にしましょう。

前原市|個人再生の依頼は弁護士か司法書士か/借金返済

個人再生を行う時には、弁護士と司法書士にお願いする事が出来ます。
先ず、司法書士に個人再生の手続をゆだねるとき、書類作成代理人として手続きを代わりに実行していただく事ができるのです。
手続を行う場合には、専門的な書類を作ってから裁判所に出す事になるでしょうが、この手続きを任せると言うことができますから、面倒臭い手続をやる必要が無くなってくるのです。
但し、司法書士の場合は、手続きの代行処理は出来るんですが、代理人ではないので裁判所に行った場合には本人に代わって裁判官に返事をする事が出来ません。
手続きを実行する上で、裁判官からの質問を投掛けられた時、自分で答えていかなきゃいけないのです。なりません。一方、弁護士の場合、書類の代行手続きだけじゃなくて、裁判所に行った時には本人のかわりに受答えをしていただく事が出来ます。
弁護士は、個人再生をはじめとする債務整理手続に精通している状態になるから、質問にも適切に返事する事が出来て手続きが順調に出来る様になってきます。
司法書士でも手続きをおこなうことは出来るが、個人再生について面倒を感じず手続を進めたい時に、弁護士に依頼を行っておいたほうが一安心することが出来るでしょう。

関連するページ